安定した賃貸経営のために|フィリピン不動産の投資をするなら|人生を謳歌するために
集合住宅模型

フィリピン不動産の投資をするなら|人生を謳歌するために

安定した賃貸経営のために

貯金箱

工夫の方法は

不動産投資を行い、賃貸経営を行ってインカムゲインを得るさいにリスクとなるのが、空室率と入居者による家賃の滞納などです。このため賃貸経営を行うさいにこれらのリスクを軽減するためのサービスも増えています。空室率を改善する方法としてはサブリースがありますが、得られる利益が減るといったデメリットがあります。一方で家賃債務保証というサービスでは手数料を支払う代わりに家賃を滞納したさいに代位弁済してくれるサービスです。家賃債務保証を利用することで貸す側は保証会社から滞納分の家賃を返済してもらえます。保証会社は借り主に対して債務の取立を行います。一方で借りる側にとっては、家賃債務保証を提供している会社を保証人とすることも可能で保証人探しをしなくても良いといったメリットがあります。

利用するさいの注意

家賃債務保証のメリットとしては保証会社が公正に代位弁済の義務を果たしてくれるという点です。親族などが連帯保証人になっても、すんなりと家賃を代位弁済してくれるとは限りませんが、家賃債務保証であれば契約に基いて支払ってくれるのでスムーズに手続きを行ってくれます。一方で手数料は保証会社によって変わってきますし統一した基準もありません。このため1年で家賃の一ヶ月分や、家賃の3割から7割程度、さらには1万円から3万円までの固定などです。いずれにしても保証会社が審査をして、その利用を認めた以上は滞納時の弁済は行われるので貸し手にとっては基本的には有利になります。一方で借り手にとっては滞納実績などがあると利用できなくなるケースがあるなど、やや厳しいものになります。