収入をローンにあてる方法|フィリピン不動産の投資をするなら|人生を謳歌するために
集合住宅模型

フィリピン不動産の投資をするなら|人生を謳歌するために

収入をローンにあてる方法

男性

不動産によって収入異なる

マンションや一戸建てを購入したら、数年も経たないうちに一家で転勤になってしまった、という話はよくあることのようです。そのような時に困るのが、残ったローンの返済や家のメンテナンスです。そのような時に頼りになるのがリロケーションです。リロケーションとは、一定の期間を賃借することで、それによって収入が見込めます。また、人に住んでもらうことで換気もできるので、例えば湿気から起こるカビなども防ぐことができます。ただ、物件は同じでも、リロケーションを頼む不動産屋によって手数料が異なりますので、収入も異なってきます。その差は、年間数十万円になることもあります。そこで、リロケーションの契約をする不動産屋選びが大切になります。

トラブル対応万全

先ほど、リロケーションなら、収入も得られるのと、家のメンテナンスも困らない話はしましたが、リロケーションの魅力はそれだけではありません。不動産屋にもよりますが自ら入居者管理、特に入居者のトラブル対応をする必要がなくなるからです。また、空室保障や滞納保障があるのは、物件の所有者にとって大きな安心感があるようです。住人へのトラブル対応も不動産屋にお任せできるのは、リロケーションの魅力になっています。転勤が終わり、いずれ戻って住みたい方にはメリットが沢山ありそうです。ただ、住んでいると日常的にできる家のキズなどの現状回復については、詳しく確認しておくと良いでしょう。ネットにはリロケーションで人気の不動産屋リストもあります。参考にして自分の物件にあう不動産屋を見つけて下さい。